So-net無料ブログ作成
検索選択

犬も人間も

去る1月26日(土)、ルーンママの母方の祖母が亡くなりました。

今年のお正月に倒れてから約三週間、結局自宅に戻れずに病院で。

高齢のためあまり状態が良くない、話は聞けるけど自分ではうまくしゃべれない感じとは聞いていたものの、

ルーン家に第一報が入る一時間前。

実家の父や母との電話で、祖母の状態を聞いた時には

意識もあるしついさっきまで、お見舞いに行っていた母の話に耳を傾けていたとのことでした。

その直後、父からの電話。

”今電話切ったばかりなのに”と思いましたが同時にもしかして。。。と嫌な予感(T ^ T)

そのあとはもうバタバタで(;^ω^)

月曜日は通常出勤し、火曜日からママさんだけ北海道帰省するという形に。

飛行機やJRでの移動中もなんだか信じられない気持ちで。

最後に会えたのはもう2年半前だったなぁ。

2月に入ったら一度お見舞いに行こうと思ってたのになぁ。

おばあちゃんの作ったおにぎり、塩加減が絶妙であんなに美味しいおにぎり食べたことなかったなぁ。

とか。

幸い弟夫婦も一緒に帰省できたので気が紛れましたが、祖母のことを思い出せば出すほど

移動中いつでも涙が流れてくるという状態になってしまいました(-_-;)

納棺が済んだ祖母と対面し泣き、久しぶりに会った親戚に声をかけられ泣き、

通夜葬儀と無事に終了しても一人になると悲しくて仕方のない状態。

涙腺ゆるゆるのまま帰りの飛行機で、とても親切な方にスーツケース収納を手伝っていただき

人の優しさに触れるだけで涙してしまい、きっと変な乗客だと思われたことでしょう( ̄▽ ̄;)(笑)

ママさんの前職は、とある葬儀屋さんの事務員でした。

仕事として毎日ご遺族と関わることはあっても、やっぱり仕事は仕事。

どこか慣れてしまっていました。そういう悲しい場面に。

おそらくほとんどの人が非日常、身近ではない”死”という出来事。

みんないつかは必ず、犬も人間も。でもいつか。。。はわからない”死”。

祖母は享年103歳。これまで大きな病気もせず、なんでも自分できちんとできる人でした。

”大往生だね~”は今も必ず言われます(;^ω^)(笑)

だけど。

たとえいくつであっても、私の母にとっては大切な母だっただろうし。

私にとってもまだまだ長生きしてほしい祖母だったわけで。

祖母が入院してから、ほぼ毎日お見舞いに行っていたという私の母。

それでも

もっと”こうしておけばよかった” ”ああしておけばよかった”という思いが残ると言います。

でもきっと、その思いついたもっと”こうしておけば、ああしておけば”をしていたとしても

そういう感情は残るのでしょうね。

その人を大事に思えば思うほど。

我が家の大事なお嬢、ルーン。

正直向き合いたくない話ですが、この子はおそらく

何か諸事情でもない限り、私たちよりも先に旅立ってしまうことでしょう。

覚悟は出来ている。。。つもりです、つもりでした。

でも離れていた祖母の死でさえこんなにつらく悲しいものなのに、

毎日一緒にいるこの子を、果たして笑顔で見送ってあげることができるのか。

きっと母のように、どんな風に過ごしたとしても後悔は残るんじゃないかな。

自分とパパさんとルーン。こうして過ごしているなんでもない毎日を

素敵な数年間だったと思い出せるように大事に生きていかなくちゃね。

そんなことを思う、今日この頃です。

P1135519.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。